トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

FXオススメ業者一覧

外為オンライン
GMOクリック証券
ヒロセ通商
FXブロードネット
SBIFXトレード
JFX
みんなのFX
マネーパートナーズ

FXノウハウを5日間で伝授


FX初心者が5日間で劇的変化!無料の短期集中型FX勉強会はじまる!

FX初心者でも最短で稼げる方法
FX初心者がまずしないといけない事からトレードの内容まで網羅。

秘密のトレード戦略


秘密のトレード戦略はこちらから閲覧することができます。動画にメルアド登録して頂ければ閲覧方法を後日お伝えしています。

秘密のトレード戦略のパスワードはFXブロードネットとのタイアップ企画で入手することができます。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

絶対反対

 金融庁がFX取引の証拠金倍率(レバレッジ)の引き下げを検討しているとの報道が出ている。現行の最大25倍から10倍程度に引き下げるというもので、為替レートが急変動した場合に、個人投資家が想定を超える損失を抱えるリスクが高まっていると判断したと説明されている。

  過去も引き下げた経緯があるが、これは全くの誤りであり、FX取引の実態を全く理解していない。個人投資家のFX取引は、「マージン・コール」として、預入証拠金の最低限を割り込むような動きが出た場合に、強制的にポジションを業者がカットするシステムを採用しており、最低でも預入金額以上の損失は、通常発生しない。確かに過去、南アランド円の銀行サイドのテクニカル的なミスやスイスフラン・ショックで、元本を割れる損失が発生したケースはあるが、これは実際レバレッジを引き下げれば解決される問題でもない。

  特に財務省は、個人の金融取引の活性化や金融市場の国際化を目指しており、NISA取引の開始など新たな金融商品の導入など規制の緩和を進めている。そういった中、逆行する動きを示すのは不思議な感じが強い。それなら「子供NISA」など子供に株式の取引を推奨するなど、もっと最悪な政策だろう。
あくまで投資は自己責任であり、レバレッジも個人が自己のリスクで選択するべきものである。当局がこういった形で、規制することは、市場の活性化を奪うもので、いろいろ弊害を生む可能性が高い。 想定される弊害としては以下の通り。

・東京市場の為替取引高の減少=近年、東京インターバック市場の為替取引が大幅に減少しとており、他のアジア市場にシェアを奪われているが、これを日本の個人投資家の売買が補っている。 
・円高リスクが高まる=個人投資家は、基本的に円売り戦略であり、この動きが円相場の上値抑えている。もし、こういった円売りが出なくなるなら、海外勢が仕掛けて的な円買いを仕掛けてきた場合に、歯止めがなくなるリスクが高い。
・FX業者の経営悪化=現状FX業者は過当競争状態であり、取引量の減少は死活問題。FX業者の経営不安は、個人投資家のリスクに跳ね返る可能性がある。
・スプレッドの拡大=現在、個人投資家のFXのスプレッドは、歴史的な低水準であるが、取引量の減少で業者の経営が悪化した場合、業者はこのスプレッドを広げて、利益を守ろうとするだろう。
・海外逃避=レバレッジが引き下げられた場合、敏感な投資家は、レバレッジ比率の大きい海外の取引業者に口座を移管するケースが増えそうだ。海外のFX業者の場合、当局の規制の働く国の場合はまだ良いが、イスラエルやロシアなど金融規制の及ばないブラックな取引業者などに口座を開いた場合、資金が戻ってこないようなケースも報告されている。

株が良くて、為替悪いというロジックはおかしいし、個人投資家を守るということが、逆に個人投資家を甘やかすことになり、こういった面が、日本の個人投資家を育てられない大きな要因であることを知るべきだ。 

 是非金融庁に、意見を述べよう。

金融庁HP
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1086:レバ規制について by ys on 2017/10/08 at 05:44:28

大賛成です。
これは、FX業者がスイスフランショックで取りっぱぐねたのと、さらにもっと強制ロスカットを誘発させたい、10倍なら確実に増える、さらにもっと取引したければ、どんどん資金を入れろと言っているしか考えられないですね。

1087:Re: レバ規制について by daimanfx on 2017/10/09 at 09:42:22

FX会社は、全て信託保全なので、預かり金が増えても、メリットはありません。

ただ、取引高が減るので、FX業者は望んでいませんよ。

あくまで総務省と金融庁主導のようです。

1088:管理人のみ閲覧できます by on 2017/10/16 at 15:41:47

このコメントは管理人のみ閲覧できます

FXセミナー動画

(フリー版)

※資料PDFはフルバージョンから
ダウンロード可能です。



※秘密のパスワードが必要です。

FXランキング参加中!

にほんブログ村 為替ブログへ
※応援よろしくお願いします。

プロフィール

Author:daimanfx
文一雄【通称:だいまん】
1957年生まれ。青山学院大学英米文学科卒。アジア系外銀にて、外国為替の貿易事務、マネー、債券、為替ディーラーを歴任。 ディーリング及び決済関連業務に精通。 2002年の資金部次長時代に、20年間勤務した同銀行を退職。 銀行在籍時より運営していた外国為替予想サイト「円を救え」(http://www.savetheyen.com)をベースに、 個人のFX取引の拡大を支援するために、相場予想及び、為替取引の個人向け実地教育を中心とした㈱FXSCを設立。 2004年より、外国為替をメイン・テーマとしたインターネット・ラジオ「だいまんの為替で大儲け?!」(http://www.forexradio.net)を開始。 著書に「外貨建て投資入門&実践ガイド」(エム・ケイ・ニュース社)、及び「あなたのお金を10倍にする外貨投資術」(フォレスト出版)がある。

10倍レバレッジ規制反対

FXレバレッジ規制反対
10倍レバレッジ規制案に対して反対しています。上記サイトにてコメントを掲載しています。
-->