トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

FXオススメ業者一覧

外為オンライン
GMOクリック証券
ヒロセ通商
FXブロードネット
SBIFXトレード
JFX
みんなのFX
マネーパートナーズ

FXノウハウを5日間で伝授


FX初心者が5日間で劇的変化!無料の短期集中型FX勉強会はじまる!

FX初心者でも最短で稼げる方法
FX初心者がまずしないといけない事からトレードの内容まで網羅。

秘密のトレード戦略


秘密のトレード戦略はこちらから閲覧することができます。動画にメルアド登録して頂ければ閲覧方法を後日お伝えしています。

秘密のトレード戦略のパスワードはFXブロードネットとのタイアップ企画で入手することができます。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

米大統領選

 8日の米大統領選を控えて、クリントン候補のメール問題など、相場が一喜一憂する形となっているが、市場では基本、クリントン候補の勝利を見越すも、予断を許さないとの見方が主流となる。
また現状は、議会選挙の行方に注目が集まっており、クリント候補が勝利しても、選挙人が求心力を維持する300人(過半数は270人)以上確保できるか否か、また議会で接戦が囁かれている上院で過半数を確保できるかが大きな焦点となっている。特にクリントン氏が勝利しても、上下院を共和党に抑えられると、レームダック状態が続く懸念が、相場に完全なリスク・オンに導かない。それでは、結果がどうなると一番リスクが高いか、高い順番で想定するなら以下の通り。

《米大統領選のリスク・パターン》
トランプ氏勝利、上院、下院とも共和党が勝利
トランプ氏勝利、上院は民主党、下院は共和党が勝利
クリントン氏勝利(選挙人300以下)、上院、下院とも共和党が勝利
クリントン氏勝利(選挙人300以上)、上院、下院とも共和党が勝利
クリントン氏勝利(選挙人300以下)、上院は民主党、下院は共和党が勝利
クリントン氏勝利(選挙人300以上)、上院は民主党、下院は共和党が勝利

 こういった状況を見る限り、クリントン氏が勝利しても、なかなかリスク・オンが完全に復活すると見るのは難しそうだ。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
908: by たっか on 2016/11/08 at 12:25:04 (コメント編集)

やはり明日の結果出て一周するまでは様子見が賢明ですね。
ブレグジットの時の様だって論調がちらほらあるから以外に動かなかったりして…

それにしても色んな所に黒白鳥がいるのに中央銀行が抑え込んでる様でそっちの方がトランプよりよっぽど恐い様に思うのは僕だけでしょうか?

909: by たっか on 2016/11/09 at 12:55:05 (コメント編集)

だいまんさん

トランプ大統領、上下院とも共和党のリスクシナリオmaxシナリオに!
指値が突き刺さっても布団被って寝てるしか…見てると損切りでそこがドソコパターンか?

どちらにしても今日のNY終わって一周するまでは様子見か賢明か?

910:Re: タイトルなし by daimanfx on 2016/11/10 at 10:20:43

おっしゃる通り。恐らく2017-20年にもし、ショックが起きるなら、中央銀行の出口戦略つまり、「CentralBankexit]になるかも。

911:Re: タイトルなし by daimanfx on 2016/11/10 at 10:22:10

すいません。ちょっと忙しくって、確認してませんでした。

トランプは、これからも問題が出るので、これについて行くは絶対に危険です。

それでもドル円は押し目は堅くなりそうですが、そういった局面を待つのが無難でしょう。


FXセミナー動画

(フリー版)

※資料PDFはフルバージョンから
ダウンロード可能です。



※秘密のパスワードが必要です。

FXランキング参加中!

にほんブログ村 為替ブログへ
※応援よろしくお願いします。

プロフィール

Author:daimanfx
文一雄【通称:だいまん】
1957年生まれ。青山学院大学英米文学科卒。アジア系外銀にて、外国為替の貿易事務、マネー、債券、為替ディーラーを歴任。 ディーリング及び決済関連業務に精通。 2002年の資金部次長時代に、20年間勤務した同銀行を退職。 銀行在籍時より運営していた外国為替予想サイト「円を救え」(http://www.savetheyen.com)をベースに、 個人のFX取引の拡大を支援するために、相場予想及び、為替取引の個人向け実地教育を中心とした㈱FXSCを設立。 2004年より、外国為替をメイン・テーマとしたインターネット・ラジオ「だいまんの為替で大儲け?!」(http://www.forexradio.net)を開始。 著書に「外貨建て投資入門&実践ガイド」(エム・ケイ・ニュース社)、及び「あなたのお金を10倍にする外貨投資術」(フォレスト出版)がある。

10倍レバレッジ規制反対

FXレバレッジ規制反対
10倍レバレッジ規制案に対して反対しています。上記サイトにてコメントを掲載しています。
-->