トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

FXオススメ業者一覧

外為オンライン
ヒロセ通商
FXブロードネット
SBIFXトレード
JFX
みんなのFX

秘密のトレード戦略


秘密のトレード戦略はこちらから閲覧することができます。動画にメルアド登録して頂ければ閲覧方法を後日お伝えしています。

秘密のトレード戦略のパスワードはFXブロードネットとのタイアップ企画で入手することができます。

PR:お薦めFX情報


FX初心者が5日間で劇的変化!無料の短期集中型FX勉強会!

FX初心者でも最短で稼げる方法
FX初心者がまずしないといけない事からトレードの内容まで網羅。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カテゴリ:戦略のエントリー一覧

  • デイトレード戦略

    ■だいまんの今日のウラ読み戦略■daimanfx.com2020年05月14日(木)09:00【今日の一言】 なんだかんだ揉み合い【昨晩の海外】 昨晩の海外市場は、パウエルFRB議長の演説を睨んで、ドルが上下にする形となった。パウエルFRB議長は、「見通しは極めて不透明で、下向きのリスクが大きい」、「新型コロナウイルスの感染拡大で長期的な経済打撃への懸念が高まった」と述べたことで、ドル売りが一時強まるも、質疑応...

  • デイトレード戦略

    ■だいまんの今日のウラ読み戦略■daimanfx.com2020年05月12日(火)09:00【今日の一言】 円売りも、揉み合いの範囲と割り切って対応【昨晩の海外】 昨晩の海外市場は、主だった経済指標の発表のない中、揉み合い気味ながら、米20物国債の入札を控えて、米長期金利が上昇したこともあって、ドル買いが優勢となった。中国や韓国で新型コロナウイルスの集団感染が再び発生したこと、米国が、中国のハッキング行為に警...

  • デイトレード戦略

    ■だいまんの今日のウラ読み戦略■daimanfx.com2020年05月08日(金)09:00【今日の一言】 米雇用統計に敬意を示して動いてくれるか?【昨晩の海外】 昨晩の海外市場は、週末の米雇用統計の発表を控えて、米長期金利につれてドルが上下する動きとなったが、総じて堅調な株価を受けて、クロス円は堅調な展開となった。NYダウは一時430ドル高まで反発。米週間新規失業保険申請件数は、316万件と予想を上回ったが...

  • デイトレード戦略

    ■だいまんの今日のウラ読み戦略■daimanfx.com2020年05月06日(水)09:00【今日の一言】 揉み合いと諦めて【昨晩の海外】 昨晩の海外市場は、欧米株価や原油先物相場の反発にも、ユーロ売りを除いて、総じて揉み合いの展開に留まった。米4月ISM非製造業指数は、41.8と予想の37.8を上回ったが、相場の反応は限られた。 ドル円は、106.90から106.42まで下落、ユーロドルは、独憲法裁判所が「...

  • デイトレード戦略

    ■だいまんの今日のウラ読み戦略■daimanfx.com2020年05月04日(月)07:00【今日の一言】 この状況で米中摩擦の激化は、大幅なリスク【昨晩の海外】 金曜日「の海外市場は、週末を控えて、トランプ大統領の発言をきっかけとした米中対立懸念の再燃、アップルやアマゾンの決算発表などを嫌気してNYダウが、700ドル越えの下落となり、リスク回避的な展開で終了した。トランプ大統領は、「中国が初期対応を誤った結...

プロフィール

Author:daimanfx
文一雄【通称:だいまん】
1957年生まれ。青山学院大学英米文学科卒。アジア系外銀にて、外国為替の貿易事務、マネー、債券、為替ディーラーを歴任。 ディーリング及び決済関連業務に精通。 2002年の資金部次長時代に、20年間勤務した同銀行を退職。 銀行在籍時より運営していた外国為替予想サイト「円を救え」(http://www.savetheyen.com)をベースに、 個人のFX取引の拡大を支援するために、相場予想及び、為替取引の個人向け実地教育を中心とした㈱FXSCを設立。 2004年より、外国為替をメイン・テーマとしたインターネット・ラジオ「だいまんの為替で大儲け?!」(http://www.forexradio.net)を開始。 著書に「外貨建て投資入門&実践ガイド」(エム・ケイ・ニュース社)、及び「あなたのお金を10倍にする外貨投資術」(フォレスト出版)がある。

FXセミナー動画

(フリー版)

※資料PDFはフルバージョンから
ダウンロード可能です。



※秘密のパスワードが必要です。

FXランキング参加中!

にほんブログ村 為替ブログへ
※応援よろしくお願いします。

10倍レバレッジ規制反対

FXレバレッジ規制反対
10倍レバレッジ規制案に対して反対しています。上記サイトにてコメントを掲載しています。
-->