トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

FXオススメ業者一覧

外為オンライン
ヒロセ通商
FXブロードネット
SBIFXトレード
JFX
みんなのFX

秘密のトレード戦略


秘密のトレード戦略はこちらから閲覧することができます。動画にメルアド登録して頂ければ閲覧方法を後日お伝えしています。

秘密のトレード戦略のパスワードはFXブロードネットとのタイアップ企画で入手することができます。

PR:お薦めFX情報


FX初心者が5日間で劇的変化!無料の短期集中型FX勉強会!

FX初心者でも最短で稼げる方法
FX初心者がまずしないといけない事からトレードの内容まで網羅。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カテゴリ:戦略のエントリー一覧

  • デイトレード戦略

    ■だいまんの今日のウラ読み戦略■daimanfx.com2020年07月29日(水)08:00【今日の一言】 FOMCの見方で混乱か?【昨晩の海外】 昨晩の海外市場は、FOMCの結果発表を控えて、まちまちの展開となった。NYダウは、追加の経済対策が、共和党と民主党の意見が混乱しているとの見方から223ドル安まで下落、安値圏で引けたが、リスク回避のドル買いは見えていない。米経済指標では、5月S&P/ケース・シラー...

  • デイトレード戦略

    ■だいまんの今日のウラ読み戦略■daimanfx.com2020年07月28日(月)09:00【今日の一言】 FOMCを前に調整も【昨晩の海外】 昨晩の海外市場は、株式市場が堅調に推移したこと、FOMCを控えて、金融緩和の長期化が見込まれていることなどから、ドル売りが続いた。NYダウは一時143ドル高まで反発したが、共和党の新コロナウイルス救済法案を好感するも上昇は限定された。また、トランプ大統領の補佐官である...

  • デイトレード戦略

    ■だいまんの今日のウラ読み戦略■daimanfx.com2020年07月22日(水)08:00【今日の一言】 ドル売りを追いかけるのは避けたい【昨晩の海外】 昨晩の海外市場は、EU首脳会議での復興基金の合意を好感して、欧州株価が、軒並み上昇を強めたことで、リスクオンのドル売りが続いた。ただ、ナスダック指数は、利食いに押され、NYダウは、344ドル高からスタートもその後伸び悩んだ。ムニューシン財務長が、「米追加景...

  • デイトレード戦略

    ■だいまんの今日のウラ読み戦略■daimanfx.com2020年07月02日(木)08:00【今日の一言】 週末を睨んで、ポジション調整中心か【昨晩の海外】 昨晩の海外市場は、中国経済の回復が想定より弱いことから210ドル安でスタートしたNYダウが、一時プラス圏を回復したことで、ドルに売り戻しが出るも、その後NYダウが値を消したことで、更なる展開となっていない。一部通信社の報道で、「米政府は全ての中国共産党員...

  • デイトレード戦略

    ■だいまんの今日のウラ読み戦略■daimanfx.com2020年07月16日(木)08:00【今日の一言】 今日は材料が多く荒れるかもしれない【昨晩の海外】 昨晩海外市場は、新型コロナウイルスのワクチン実用化期待から米国株式市場が堅調な推移となり、リスク・オンのドル売りが続いた。NYダウは、一時428ドル高の上昇となったが、米中の軋轢に対する懸念が上値を押さえた。米経済指標としては、7月NY連銀製造業景気指数...

プロフィール

Author:daimanfx
文一雄【通称:だいまん】
1957年生まれ。青山学院大学英米文学科卒。アジア系外銀にて、外国為替の貿易事務、マネー、債券、為替ディーラーを歴任。 ディーリング及び決済関連業務に精通。 2002年の資金部次長時代に、20年間勤務した同銀行を退職。 銀行在籍時より運営していた外国為替予想サイト「円を救え」(http://www.savetheyen.com)をベースに、 個人のFX取引の拡大を支援するために、相場予想及び、為替取引の個人向け実地教育を中心とした㈱FXSCを設立。 2004年より、外国為替をメイン・テーマとしたインターネット・ラジオ「だいまんの為替で大儲け?!」(http://www.forexradio.net)を開始。 著書に「外貨建て投資入門&実践ガイド」(エム・ケイ・ニュース社)、及び「あなたのお金を10倍にする外貨投資術」(フォレスト出版)がある。

FXセミナー動画

(フリー版)

※資料PDFはフルバージョンから
ダウンロード可能です。



※秘密のパスワードが必要です。

FXランキング参加中!

にほんブログ村 為替ブログへ
※応援よろしくお願いします。

10倍レバレッジ規制反対

FXレバレッジ規制反対
10倍レバレッジ規制案に対して反対しています。上記サイトにてコメントを掲載しています。
-->